病院からのお知らせ

「公立宍粟総合病院改革プラン」の策定及び「経営比較分析表(平成27年度)」の公表について

 平成27年度末に、地域ごとの適切な医療需要の把握と医療体制の再構築、持続可能な病院経営のための経営改革を目的に、総務省より「新公立病院改革ガイドライン」が示されました。

 依然として医師不足等の厳しい状況が続くなか、人口減少や少子高齢化が急速に進展している影響を受け、多くの公立病院が医療提供体制の維持が困難になってきており、前記ガイドラインでは各都道府県ごとに「地域医療構想」の策定と、その構想に沿った各病院の新たな「公立病院改革プラン」の策定について要請されました。

 当院においても、平成16年度より施行された「新医師臨床研修制度」以降、医師不足等の事由により経営が悪化しており、平成28年度に将来に向けた持続可能な病院経営のために新たな「公立宍粟総合病院改革プラン」を策定しました。

 今後はこの新たな「改革プラン」に基づき、経営の健全化に向けた取り組みに着手します。

 また、他病院との比較を行い、経営状況を理解しやすくするため「経営比較分析表(平成27年度)」について作成しています。

 

 ・公立宍粟総合病院改革プラン(H28~32).pdf

 ・経営比較分析表(平成27年度 公立宍粟総合病院).pdf

  2017/04/17   admin
ページトップへ