看護部紹介

看護管理室紹介

kangokanri_2015.JPG

副看護部長 立花ひとみ  看護部長 段林照枝  副看護部長 上田礼子

看護部長 段林 照枝

 当院看護部では、患者さん・ご家族との信頼関係を大切にし、
 ①根拠のある看護実践ができる看護師
 ②倫理的感性が豊かな看護師
 ③チーム医療の中で、看護師としての役割が果たせる看護師
 ④専門職として常に学び続ける看護師 の育成に取り組んでいます。
 また、専門・認定看護師等を目指す看護職に方には、支援体制も整えています。
 さらに、看護職が働き続けられる環境づくりとして、年末年始を除き24時間利用可能な院内託児所があり、働く女性を支援しています。

副看護部長 立花 ひとみ

 看護部の教育理念と目標を基に、クリニカルラダーによる段階的な教育体制を整え、看護職者一人ひとりが倫理観と人間性を高め、科学的根拠に基づいた看護実践能力を有する人材育成に努めています。
 特に新人看護師に対する教育は、計画的な集合研修やプリセプターや先輩によるOJTをはじめ、スタッフ全員がきめ細やかに関わり成長を支援しています。
 また、個々の看護職者のキャリアニーズやライフワークを把握し、自己実現に向けてキャリア開発の支援体制を充実させ、看護の専門性が発揮でき、やりがいを持って働き続けられる職場づくりに取り組んでいます。

副看護部長 上田 礼子

 副看護部長として、業務に関する管理を担当させていただいています。
 看護部業務委員会は、看護を必要とする人の安全で安心な療養生活が確保できるように、質のよい看護サービスの提供を目的として、看護師長、看護主任、各部署より選出された看護師が委員となり活動しています。
 活動内容は、業務検討(看護マニュアル)・固定チーム支援(主任チーム・助手チーム)・入院支援プロジェクトがあり、安全性や看護の質だけでなく、コストや看護職員の職務満足も含めて向上するよう業務改善を行っています。
 看護部の理念である「患者さんの安心、満足につながる心温かい看護の実践」を目指し、誰もが安全な医療が提供できるように、業務の標準化を進めていきたいと思っています。

 


 

ページトップへ