当院について

宗教上の理由等による輸血拒否に関する基本方針

 一般的に輸血は同意のもと、最小限におさえることとしておりますが、

医師が必要と判断した場合には、同意の有無に関わらず行います。

 輸血の必要性が予測される手術や処置で輸血を拒否される場合は、

これらの治療は行えないことをご承知おきください。

 上記に同意いただけない場合は、他の医療機関での治療をおすすめ

いたします。

 輸血拒否を申し出られる方の「免責証明書」などの同意文書には

署名はいたしません。

                 

                    令和4年2月10日

                    公立宍粟総合病院 院長

ページトップへ