手術室・中材

手術室の写真

対象患者さん

手術室は、外科、産婦人科、泌尿器科、整形外科、皮膚科の5つの診療科の手術を行っています。

手術室の特徴

手術室看護師は、手術室と中央材料室の業務を行っています。
手術室では、各科の手術や麻酔に対応できる知識・技術の習得に努め、安全に手術を行える環境づくりと、患者さんの手術時の不安と苦痛の軽減を第一に考えた看護の提供に努めています。
中央材料室(中材)では、院内で使用される器材の洗浄、作動テスト、滅菌業務を行い、患者さんに安全な器材の提供を行っています。

スローガン

『安全で患者さんに寄り添った手術室看護を提供する』

手術室は、「安全で質の高い手術室看護の提供」を目指しています。そのために私たちは、医師と術前カンファレンスを行い、また患者さんの手術前、手術後の訪問を行うことで、患者さんが安心して安全に手術が受けられるように努めています。

スタッフ

手術室は、師長、主任、看護スタッフ9名、看護助手1名が常勤しています。緊急手術に対応できるよう、外来看護師による応援体制をとっています。

 

ページトップへ