4階病棟

4f_2015.JPG

対象患者さん

4階病棟は、外科、整形外科、内科、放射線科の急性期病棟です。

 外科では、消化器・呼吸器・血管手術や腹腔鏡下手術、整形外科は骨折、靭帯、関節の手術、及び内科・放射線科の治療を目的とした患者さんが入院されています。

病棟の特徴

 当病棟は、急性期の治療を中心としています。また、高齢者の患者さんも多く、早期からリハビリを開始し、早期離床・早期回服を目指し、入院時より退院後の生活を意識した看護介入を行っています。

 また、クリニカルパスを用い、医師、看護師、リハビリ、薬剤師など多種職でのチーム医療に取り組んでいます。

スローガン

『すすめる看護、立ち止まる看護』

 を合言葉に、患者さんの回復をすすめるとともに、足を止め、ゆっくり話を聴いて寄り添う、温かい看護を目指しています。

スタッフ

 看護師は30人(パート2人)、看護助手4人で、固定チームナーシング方式をとり、2チームに別れて看護実践をしています。

 外科・整形外科・内科・放射線科のエキスパートを目指し、切磋琢磨している活気あふれる病棟です。

ページトップへ